<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


(今更ですが) 言語=思考のフレームワーク

最近、話す際、日本語より英語の方がラクだなぁ、と思う瞬間が増えてきました。
なので、日本人の人と話す際には練習と思って意識して日本語のみを使うようにしています。

私は2カ国語でも危ういのに、こっちでは3カ国語以上を操る人は普通にいるんだよね。私も実はジュネーブ滞在3ヶ月半の間に中国語をもっとがんばろうと思ってたけれど、日常の仕事や友達やレジャーや疲れなどなどに流されていつの間にか志がfadeしちゃいました。


そんな今日この頃、読んだWSJの記事のご紹介をば。
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703467304575383131592767868.html?mod=WSJ_LifeStyle_Lifestyle_5#articleTabs%3Darticle
記事のエッセンスは、≪言語が人の思考に影響する≫ということ。
そんなの今更言われなくても、例えば小説「1984」では言葉を制限して人の考えをコントロールするっていう設定だったし、なんとなくわかってはいたけど、それを科学的に証明しようとする実験を紹介していたりした面白い記事でした。

例えば、動詞一つとってみても、英語や日本語では過去・現在・未来と時間を識別しないと文章にできないけれど、
ロシア語では更に性別と、過去は過去でも完了しているかどうかも表さないといけなくて、
トルコ語では主語(一人称か二人称か)も区別しなくちゃいけなくて、
でもマレー・インドネシア語では時間の概念は関係なく、過去でも未来でも同じ動詞を使うらしい。

使う言葉によって、同じ出来事を伝えるのにも収集・伝達する情報が異なるから、考え方とか何に注意を払うかとか何を大事だと捉えるかとかが違ってくる、と。
そりゃそうだって思うけれど、この分野の研究はまだ割と浅いらしい。

私は英語で話すときに兄弟姉妹の話になると「年上?年下?」とかってついつい聞いちゃうけれど、それって日本語では年功を把握しないと言葉で表せないからかな、って思った。
英語だとsisterとかbrotherで、年齢の情報は関係ないけれど日本語ではそうはいかないからね。
(余談ですが、日本語では単語や敬語を介して常に年齢に注意を払うから、で、そういう言語だからなかなか年功序列が溶けなかったりするのかな~~、って思ったりしました。例えば英語ではそんなの関係ないからね。まぁ、そんなに単純な話じゃないとは思うけど。)

さてさて、もう一つ例で、例えばロシア語では色を表現する際、青を表す言葉がたくさん使われているらしいです。(日本語でも存在するけど、古文とかでしか使わないもんね)
だから、ロシア語を話す人は青のトーンを識別する能力が他の言語を使う人よりもすぐれているらしい。
それってたとえば逆のパターンで、音感のない人(細かい音階を識別しない/できない人)は音を再現するのが下手(≒音痴)っていうのと似てるかな。

ある言語では方角を表す時に前後左右じゃなくて常に東西南北で表すらしい。で、方向感覚が優れているらしいよ。例えば体の部分を表すのでも「左足」とかじゃなくて「東の足」とかって表現するらしい。日常会話をする上でも常に方角を認識していないといけないんだと。

それから、言語の構造的に主語に重きを置く英語圏では犯罪に関して、<犯人を罰する>=正義 と捉える法律になっていて、そうじゃない言語圏では<被害者を補償する>=正義 と捉える設計になっているとか。。。

言語や言葉(ボキャブラリー)が成り立つ過程で文化(含:考え方)が影響しているわけで、言葉と文化/考え方の因果関係は双方向なんだけど、
例えば、(日本語/カタカナ語ではちょっとニュアンスが違うかもしれないけれど)同性カップルが社会的に認められるようになってから妻でも夫でもない意味を持つ「partner」という言葉が使われるようになったり?

(つまり、文化と言語の関係は鶏と卵チックだけど、)ただ、個人のレベルでは使う言語によって考え方が変わるっていうお話でした。
[PR]

by nina_anin | 2010-07-29 07:55 | 最近思うこと

見えないものを見る③

[今回のインターンシップはProgram on Global Policy and Governanceという、Sanford(Duke大学の公共政策大学院のプログラムの一環でゲットしたものなんだけど、そのプログラムの一環で先月末、1週間のコースウィーク(ジュネーブで働く人道援助関連のいろんなプロフェッショナルが交代でレクチャーしてくれる授業)がありました。]

あまり知られていない(と思う)けれど、人身売買って実は今でもたくさん起こってるんです。
これを存続させている一番強力な根本原因は何でしょう??


人身売買の大半のケースは、激安な工場労働要因として、騙されて知らない(言葉もわからない)土地に連れていかれるケース。

例えば、「工場の管理職にならない?月給○○払うから是非来てよ」とかって騙されて、ついていって、「おやおや?」と思っているうちに公式書類やパスポートなどをだまし取られて、
「管理職になりにきたのに…」一日中ミシンに座らせられたりして働かされて、
「月給○○約束されたのに…」ってクレームしても、「交通費や宿泊代や食費を差し引くから」、などと称してロクに給料ももらえず…

脱出しようと思っても言葉も話せないし、どうやら警察は工場長と仲良しそうだし、仮に汚職されていない施設にアクセスできても、必要書類がないから違法入国ってことで収監されちゃうから…
と、いうかんじで人権を侵害されている人たちが、60万~400万人いると推定されています。
(このうち10%くらいが性的労働や臓器売買目的と推定されてます)

でも、そんな彼らを助けようと思っても、なかなかうまくいかないんです。理由は例えば、
1)人身売買されているのかが分かりにくい(普通の違法入国と区別が超難しい⇒故に人数の把握も難しい)
2)当事者(被害者)から事実談を引き出すのが難しい(そりゃあ、人間不信になっても仕方ないよね。しかも、「喋ったら家族が痛い目に…」って脅されたり、“呪い”をかけられたりして恐怖心が強ければ尚更...)
3)どこまで「事実を理解して自らの意思で」で、どこまで「騙されて」行動しているのか判断が難しい。
4)いたちごっこ。何人か助けても、犯罪組織団はすぐに新しい人身を売買するだけ。

と、いうわけで、「じゃあ、なんで人身売買が起こるのか、その根本原因を考えよう」ってことになるでしょ?
で、そのもと、人身売買の需要をたどると… 先進国の安価な品の市場の場合が主だそう。
たとえば、工業製品だけじゃなくて、農業生産物も。

タダ同然で搾取されている労働者がいるから、モノを安く買えるっていうケースが多いんです。けれど、工業化や複雑な流通システムのおかげで色んなプロセスが細かく分断されていて、「見えない」ことが多いから。精々、自分の噛んでいる部分の前後くらいしか把握できないから、で、同じものを買うなら安く買いたいから。

と、こんな背景でIOM(国際移住機関)などは最近、消費者の啓蒙活動やフェアトレードの推進にも力を入れているそうです。
[PR]

by nina_anin | 2010-07-29 02:13 | これ知ってますか?

Rosie, 順調に回復中です

Rosieは顎/歯がずれて、打撲がけっこうあったんだけど、今は順調に回復しています。
心配してくれたみなさん、どうもありがとう☆

金曜の夜、獣医さんに歯の位置をもとに戻してもらって、レントゲンとか血液検査とかをしてもらった結果、
骨折とかはなくて、時間の経過とともに具合はよくなってくるって言われました。

今はびっこひいて朝晩、肝臓の薬と消炎鎮痛剤を飲んでいるけれど、ちゃんとカリカリも食べてるし、ちょっとずつ元気になってきている気がします。
ただ、昨日の朝Rosieを獣医から連れて帰ってきてからずっとLalaちゃんがRosieを威嚇するんだ。。。 前日の朝まで仲睦まじい兄弟だったのに。。。


猫ちゃんたちの飼い主とも連絡とってるけど、とりあえず心配なしです。 
けど今朝はトマトの苗が元気ないよ。。。 どうしよ。


そして今日は西麻布時代のゴルフ友達(バーゼル在住)に運転してもらって
一緒にエビアンまで行く予定だったのですが、
昨夜4時頃、彼は家庭の事情で超急遽日本に帰国することが決まり...  
海外に住んでて一番いやなのはこういう時かも。けど私は今年の七夕に、家族と友達の健康を祈った(しかも三宅さんが短冊にして笹のてっぺんに飾ってくれた)ので大丈夫なはず!


それにしてもここのところ毎日事件ばかりで、私の驚きの域値がアップしてきた気がする。。。
(けど事件のレベルも スズメ⇒猫⇒人間 とアップしてるんだよね。。。)
[PR]

by nina_anin | 2010-07-25 17:31 | ジュネーブ

事件です2

スイス氷河特急の脱線事故がニュースになっているようですが、私は無事です。その頃は職場でメールを書いていました。

それより大きな事件が...

夕方7時頃に帰宅したらいつも迎えてくれる2匹の猫のうち、Lalaちゃんしか来ない…
第六感(?)というか、なんとなく気持ち悪かったんだけど、
しばらくしてもRosieの姿がないので心配になって家中探してもいない…


お隣さんの協力も頂き、探し回ること20分くらい...

朝、ベランダ(日本風に数えて4階)から落下してマンションの隣のビルの住民に保護されているということが分かりました。


ふだんはニャーとも言わず(ゴロゴロしか言わない)Rosieですが、
保護してくれた方いわく、Rosieがあまりに鳴くので、午後、獣医に連れて行ってくれたとのこと。
首輪もしてないし野良かもわからないので取り急ぎ鎮痛剤だけ注射して貰ってその優しい住民に保護されていました。
けど顎が普通じゃなくて...

詳細は省きますがその後、鎮静剤の力を借り、レントゲンを撮って獣医さんにちゃんとみてもらったところ、
顎にひびが入って、肝臓に衝撃があったそう。
今夜は獣医さんのところで痛み止めや栄養剤を注射して貰っています。
明日、午前中に引き取りに行ってその後は様子を見ます。幸いなことに手術とかは必要ないそう。


猫の世話がこんなにハラハラするものだとは想定外だわ。。。
ただ、二匹とも無事で何より。


私が今回、大ボスの留守を預かる上での責任事項はたった二つ、
猫達の世話をすることと、6歳のCy君のかわいがっているトマトの苗を枯らさないことなのですが、前途多難な感じ... (T-T)
[PR]

by nina_anin | 2010-07-24 07:31 | ジュネーブ

Lalaの好きなもの(たぶん)

Lalaは無生物とも遊びます。

一番好きなおもちゃはモール。
a0124959_3172176.jpg



こうやって1人で遊ぶの。
a0124959_3174053.jpg



でも人間も好き☆
a0124959_3175814.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-07-23 03:15 | ジュネーブ

事件です!

注:鳥好きの人は見ないでください。


今朝、シャワーから出てきたら猫達が何やら盛り上がってました。
「何して遊んでるんだろう?」って見たら...

Lala: 「ニャにか...?!」
a0124959_334367.jpg




ベランダで捕まえてきたと思われる雀(の小鳥)をいじめてました。

叩いて、
a0124959_34548.jpg



ちょっと逃がしては
a0124959_343494.jpg



追いつめて、
a0124959_345552.jpg



「悪い??」
a0124959_35364.jpg




もちろん、かわいそうなので鳥は保護してマンションの一階で逃がしました。


普段はまるで「魔女の宅急便」のジジみたいにかわいいんだけどね~。今朝はちょっといたずらが過ぎました。更にその後はキッチンのシンクでおしっこしてたもんね~。。。
a0124959_36288.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-07-23 03:06 | ジュネーブ

引っ越し

昨日、引っ越しました。歩いて数分のところに。
今まで住んでいたのは短期滞在学生用のワンルーム2人部屋。ルームメイトは大好きだけど、狭い&暑いのがちょっとなぁ、ってかんじでした。とは言いつつ、もう2か月もそこに住んでたんだな~。しみじみ。

で、どこに引っ越したかと言うと上司の上司のアパルトマンです。一家でハンガリー旅行に行っている間の3週間の期間限定です。

一気に部屋数が4倍、バスルーム数が3倍、キッチンの機能&広さも超レベルアップしました。そして電子レンジも洗濯機も乾燥機も食器洗い機もある!!ソファーもテレビもピアノも(弾かないけど)、おもちゃも(遊ばないけど)ある!!
職場にも3ブロックくらい近くなりました。やった~♪

But,一番のperkは黒ネコちゃん2匹と一緒に住めること♪
RosieとLalaはこの近くに捨てられていたらしい... 超人懐っこい猫達で、家の中を移動すると付いてくるし、用もないのにしっぽくっつけてくるし、時々、ごろんってお腹をみせて「遊んで」アピールしてきます。猫もかわいいもんだ!!


これは椅子の上でお昼寝するRosieちゃん。
a0124959_2104878.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-07-19 02:12 | ジュネーブ

典型的な一日

この夏、毎日何してるかっていうと、
朝は平均して8時半くらいに職場に到着。
職場でクロワッサンやシリアルやフルーツなどの朝食をとって、
1時くらいまで仕事して、お昼休みを一時間くらいとって、6時半くらいまで職場にいます。
仕事は、時々ミーティングや取材が入るけれど、ほとんどはいわゆる研究です。(←最初は他のプロジェクトの比重も高かったんだけど、わけあって今は研究がメイン)
まるでPhDみたいに、ひたすら読んだり調べたり書いたりしてます。
なかなかはかどらなくて関係ないメールやネットサーフィンをして過ごす時間も実は多いけれど…

研究のテーマは知的財産保護法とワクチンの開発や普及について、どんなダイナミクスが働いているかとか、現在のトレンドはどんな感じか、等などをひたすら考えています。
知れば知るほど、このテーマの奥深さや、自分がどれだけ無知かとかに気がついて、、要はとっても面白いです。
他のプロジェクトにもちょっと絡んでるんだけど、GAVIみたいなPublic Private Partnership(業界や政府やNGOや基金などが役員として並んでいるアライアンス)がどう機能するかとかが見えてとっても勉強になります。
Global Health関連の政策開発がどう進められるか、どんな研究や議論が足りないかとかがちょっとわかってきた気がする…

一日の仕事が終わった後は帰宅。けど、部屋にエアコンがないので、日が出ているうち(9時半ころまで)は超暑くて部屋にいると辛いので帰宅後はたいがい外出。
湖畔で走ったり、ワイン飲んだり、友達とおしゃべりしたり、、、数日前は泳ぎに行きました。
ジュネーブのいいところは、全てがコンパクトに収まってるところかな。職場まで歩いて行けるし、運動もレジャーも全て徒歩圏内。日も長いのでとても充実した生活ができるきがする。Quality of Lifeが高いってこういうことかな。これで部屋が広ければ&お給料がもらえれば最高かも☆



毎日充実してるのはこれのおかげかも!
a0124959_419423.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-07-16 08:25 | ジュネーブ

Fribourg

今日はベルンの手前にあるFribourgに行ってきました。
ジュネーブからは1.5時間くらい、切符は定価片道38CHFだけど、割引を駆使して片道13.4CHFでゲットしました♪ 
ここはドイツ語圏とフランス語圏のちょうど境目らしいけど、デフォルトはフランス語でした。


ゴシック調のチャペルはDukeキャンパスを思い出させます... 
a0124959_7591396.jpg


渓谷、氷河からの水で削られたのかな...
a0124959_805863.jpg


静かな感じの上流
a0124959_82104.jpg


なんだか、スイスの街はどこも中世からの石造りの旧市街があって、その中/隣に川か湖があるっていうパターンな気がする。

色がきれいな町並みと、水が近くにあるっていうのは素敵だけど、ちょっと飽きてきた今日この頃。。。


木製のハイカー。高さ4メートルくらい。
a0124959_84373.jpg



このカフェでは本にメニューを張り付けてました。おもしろい&ちょっとおしゃれだけど、「著作権は大丈夫?」とか思っちゃった。
a0124959_854878.jpg


a0124959_861386.jpg



alley cats
a0124959_865657.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-07-11 07:59 | ジュネーブ

バン・デ・パキ

先週末は、住まいから徒歩5分くらい、レマン湖のビーチの一つ、Bain de Paquisに行ってきました。
ビーチと言っても砂じゃなくて小石で、混んでて、
湖の中央方向にニョキって伸ばした岬みたいな感じの人口施設(だと思う)。

ビーチでゴロゴロしたり、湖の中を泳いだり、リラックスした一日でした☆
水の近くに住むのって最高!!


こんなかんじのビーチ
a0124959_17444560.jpg


岸から湖の中心部に向かって伸びてる”岬”の先っぽには灯台みたいな塔が。その向こうの景色は湖の反対岸。
a0124959_1746077.jpg



ロゼで乾杯
a0124959_17473092.jpg


a0124959_17481229.jpg


a0124959_17483335.jpg


a0124959_1749016.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-07-10 17:49 | ジュネーブ
line

Duke大学のFuqua School of Business留学日記です


by nina_anin
line