<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


元気にしてます

ここ数日、PCの調子が悪くてなかなかネットに接続できませんでした。
数日前はトラブルの末、青いスクリーンが現れ、、、クラッシュしたかと思ったんだけど、今は復活してます。(けどこのPC、そろそろ寿命な気がする...)

何が言いたかったかった言うと、「ブログ更新してないけど元気です」ってこと!



今回のジュネーブのインターン、説明するとややっこしいんだけど、Dukeのプログラムを介していて、今週は毎日授業です。
授業といっても、事前に課題ペーパーを読んできて、国際機関から色んなスピーカーを迎えてレクチャーを受けたり、クラスでディスカッションをしたり。
セオリーと現実の両方を色んな視点から考えられてとても濃く、充実した授業です。
今日(月曜)は初日だったんだけど、人道援助にまつわる課題や取り組みについて色々学びました。
一番印象的だったのが、人工衛星経由の画像情報提供について。(UNSATというプロジェクト)
10年程前から、軍事目的で開発された画像情報が民間にも提供されるようになって、UNのある起業家精神に富む新しい部門がそれらを購入し、世界に向けて危機にある地域の画像を分析情報と共に提供するようになったんです。
おかげで、西アジアやスリランカやアフリカなどで建物がいつどのように破壊されたとか、難民キャンプの人口密度がどんなにアップして、追いつめられて岸⇒砂浜⇒マングローブ湾上へ避難民キャンプが広がっていったかとか、、、人権侵害や"危機“の様子が視覚的にキャプチャーできるようになったんだと。
けれど、皮肉な事にこれらがわかっても政策や援助に大した影響はなく(←他の政治的要素や利害関係があまりに重たいから)、全てが終わってしまった後の国際裁判とかでは有力な証拠になりうるんだけど、人命を助けることが可能なタイミングでは何もアクションを刺激できなくて、けれど何が起こってるか見えちゃうから余計に苦しくて… みたいな。
すごいジレンマだよね。


と、こんな授業が今週いっぱい続く♪んですが、
私は明日の授業の最後の一コマをさぼります。
何故なら夕方4時から始まるサッカー日本代表戦を応援するから。

悪いとは思うけれど、どうしても応援したいんだもん、さぼらせて!だって何故か最近ちょっとホームシックな気がするから。。。 理由はたぶん、
1)ジュネーブではいろんなことが国単位で語られるから
2)ビジネススクールにいる時よりも時間的余裕があるから色々考えちゃう
3)最近、久しぶりにいっぱい日本語を喋ったり、日本戦を介して、同じく日本を後にした人達としょうもない話をしたりしてなんとも言えないラク&心地よい&懐かしい感じになる
4)日本代表はランキングが低いのに世界の強豪を相手に善戦しているから
5)佃煮がおいしいから (葉唐辛子最高!)



以上!おやすみなさい!
[PR]

by nina_anin | 2010-06-29 07:29 | ジュネーブ

今週末のジュネーブ

あるスイス人に言わせると、「今のジュネーブはまるで10月のような天気」。
昨日も今日も、最高気温は12度くらい… 寒いよ~~! 太陽はどこ~?!


今週末は金・土・日と、Fete de la Musiqueといって、ジュネーブのある一角、32の会場で色~んな音楽が無料で楽しめます。
会場は音楽ホール等の他に、公園にセットされたステージとか、教会の前の広場とか、街かどとか、小さな教会の中とか、博物館の中とか…

ジャンルも本当に多彩で、クラシック、バロック、ロック、メタル、エスニック、ジャズ、コメディー(大道芸的な)、オペラ、ダンス、エレクトロ(←ヨーロッパっぽい!)、シャンソン、ブラスバンド、などなど♪
子どもの発表会みたいなのや、カラオケまである!


ソーセージとかビールとかサンドイッチとか焼き菓子などなどの出店も出ていて、
天気がよかったら最高なんだろうけれど!


私は昨日、サッカー応援後(ジュネーブは南アと時差なしなので13:30キックオフだった)、音楽祭を数時間楽しみました。寒さと雨のため、残念ながら途中で帰ってきちゃったけれど、
公園のステージで演奏されたおじいさんたちのジャズバンドが特に素敵だった!
あぁ、天気さえよければ…  


ちなみに、サッカーは、こっちで見つけた日本人Tくんと、アメリカ人Cちゃんと三人で応援していたんだけど、私達3人以外、バーに集まった人たち30人くらいはみんなオレンジの服を着たりしたオランダファンだった(TへT)
体も態度もデカイ人たちに「all you have is Honda」とか「(日本ファンは)たった3人かよ~」みたいなかんじで笑われたけれど、日本は善戦したということで堂々と応援してきました!
[PR]

by nina_anin | 2010-06-20 22:23 | ジュネーブ

US政府代表訪問など

昨日・一昨日とパソコンを使えませんでした...(TへT)
けど、問題はPC本体ではなくACコード(たぶん電圧が変動してショートした)だったことが判明し、新しいコードを購入したら問題が解決しました (^^)v
PC本体の問題だったら時間もお金もかかったところだけれど、こんなにラッキーしたのはきっと四つ葉のクローバーのおかげ!!
(カメラとPCを繋ぐコードを友達に貸し出し中なのでしばらく写真アップできないんだけど)、愛情のこもった物資を受け取りました!!
三宅さん、ありがとうございます!!!


さてさて、今回のインターンは、Duke Universityの公共政策大学院を経由してゲットした機会なのですが、その関連でいくつかのイベントや講義に参加する権利/機会や義務があります。
で、今日はアメリカ合衆国の政府代表部を訪問し、そこの高官(Deputy Permanent Representative of the US Mission) とのセッションに参加してきました。
Doug Griffithさんはアメリカを代表してジュネーブの国際機関イニシアチブで各種交渉などに携わるエライ人、というところでしょうか。トークと質疑応答の計1時間、期待していたよりも面白くて、満足♪


ジュネーブには(難民とユニセフと食糧以外の)各種国際機関が集結していて、世界中の人々の生活に関わる様々な協議や決定がなされる、と。 
例えば郵便とか電話とか、知的所有権とか気象関連とか。。。 
国と国のシステムを繋ぐ色んな決めごとが議論されて合意される、そんな仕事をしている人です。(国境を越えてやりとりできるのはこういった国際機関の働きがってなんだよね。だからやりがいも面白みも多大なんだと。)
同時に、アメリカの税金が責任を持って使用されるようにっていうのも仕事の大きな一側面とのこと。たしかに。


今日のセッションで特に「おおぉ、なんて勉強になる!」っていうようなびっくり事項や啓蒙的な話はなかったけれど、インサイダー視点で面白い話が聞けて、参加してよかったです。


例えば、、、 国際機関の中では監査とか実績報告など、透明性が重視され始めたのは割と最近(10~20年くらい)のことで、今でも、幹部の国にしかその類の報告をしていない機関が実は3つほどある(!)、とか、

国連人権理事会(Human Rights Council)は、世界中の人の人権を推進する機関と言うより、実質的には人権の侵害を続けている国の、自らの擁護のための機関だ、とか。。。
副長官国がキューバで、最近リビアとウガンダが参加国となり、もうちょっとでイランもメンバーになるところだった、とか。 考えてみれば、「確かにそうなっちゃうかも。。。」と思うけれど、言われなければ想像しなかったわ。

各国が限られたリソース(中には国を代表して合計三人しかジュネーブに常駐させていない/できていない国などもある)のなかで、それぞれの国にとっての優先順位に即して活動をしているわけで、
それが人権理事会の政治構造に影響していたり(人権を”侵害“している国にとってはその正当性を主張することはかなりの重大事項なので多くのリソースを注いている)。
あと、小さな国が、大きな国にとっての重要事項でネゴする際に、文言に工夫を施し、後々自国の優先事項を協議する上で「だって○○の文言に△△って合意したから」などと、以前の合意事項を前例として持ち出す戦略がとられる、とか。
要は、自分にとって大事だけど他国にとっては比較的大事でない事(例えば気候変動とか、食料を得る権利とか、)はひとまず置いて、全世界のアジェンダを優先し、けれどその協議を後で自分の番が回ってきた時(例えば、ようやく気候変動の交渉になったとき)に利用するという戦略。
だから各国、超細かい一言一句にも、弁護士を交えて、最後の一文字まで時間をかけて考え、交渉する必要がある、とか。

ある一国(?)に関する決議はその他のすべての国のを合計した数よりも多いとか。そしてその国はイスラエル...  なるほど!


いや~、自分の無知と想像の至らなさを感じたけれど、充実したeveningでした。
[PR]

by nina_anin | 2010-06-18 05:19 | ジュネーブ

Singularity

ジュネーブ生活や私の日常とはいっさい関係ないのですが、
最近、おもしろい記事を読んだのでご紹介をば。

「Singularity」っていうコンセプト、私は初めて聞きました。
「Singularity」を日本語でいうと「特異点」で、わかりやすく言うと<生物と無生物(ITや機械)が一つになる点>ってかんじなのかなぁ・・・?

生物学的制約を越える知能や命が私たちの生きている間に可能になるって考えてる人たちがいるんだと。その学問(?)がSingularity。
ちなみに著名な発明家やGoogleの初期メンバーなどもこの流れを支持していて、最近はSingularity Universityなる教育機関(4日間~ のコースを150万円くらいで提供)もあって、世界中から色んなexecutiveなどなどから応募が殺到しているのだとか...

それにしてもちょっとSFっぽいよね。
新しい技術による知能は指数関数的に増幅していくので、今世紀のうちに機械の知能が人間のそれを上回るって予想していて、
「人間と機械が融合したら永遠の命を得られる」みたいな発言もあり。。。 きも!
(アイアンマンは肉体が機械のパワーを応用するっていうコンセプトだけど、Singularityは脳が機械のパワーを応用するってかんじかな? あるいは銀河鉄道999の世界みたいなかんじ??)

Singularityの宣伝塔であるKurzweil博士は、自分が20歳頃の時に無くなった父親の遺影や持ち物等などを大事に保管していて、いずれ、自分の脳内の記憶を抽出し、自分のDNAも利用して、父親を部分的に再現させるって計画しているらしい。。。  こわ!

テクノロジーが人間の倫理の発展するスピードを凌いで発達しちゃうのって恐いね。
いろんな便利なことも可能になるんだろうけど、「700歳まで生きる」とか、私は興味ないかも。。。
コンピューターの進化するIntelligenceはけっこうですが、intelligence≠wisdom よね。。。 と思いました。


今日は仕事を早めに切り上げて、バーでサッカーを観戦しました!
ジュネーブは南アと時差なしなので、試合は16時から。
カメルーン人の人達とビール片手に観戦し、楽しい時間を過ごしました♪

その後帰宅し、ルームメイトと二人分のご飯を作り、その後再びバーへ繰り出し今度はイタリアを応援!
引き分けが多いね~~~。
[PR]

by nina_anin | 2010-06-15 06:32 | ジュネーブ

Jardin Botanique

フラミンゴ!
毛づくろい(羽づくろい?)してます。
首、長い&柔らかすぎ!
a0124959_7103529.jpg


私の勤務先のすぐ近くにJardin Botaniqueという大きな公園があって、
その名の通り植物園のある公園なんだけど、小さな動物園(?)もあります。

飼育環境下のフラミンゴはなんでか知らないけれど野生のよりも色が薄くなっちゃうらしい。
なので、通常、動物園ではピンク/赤に着色したエビを餌として与えるらしいんだけど、
ジュネーブのフラミンゴは着色してない餌をもらってるのかな?
薄ピンクが上品でいいね。


a0124959_711714.jpg

これは鹿です。って、見ればわかるか。
園内には他にもヤギ(←角が巻いてるタイプ)とか羊とか、
数種類の鴨、アヒル、孔雀なんかもいます。


柵から脱出したと思われる孔雀。
柵内の鳥たちを見学していました。。。
a0124959_7131119.jpg




で、これは園内の遊具。といっても有料だけど。
メリーゴーランドだと思うけど、下段は明らかに自力で漕ぐかんじ。。。
しかも一つ一つの乗り物が個性的。。。
a0124959_7134087.jpg



見えにくいかもしれないけれど、イルカとか、ライオン(←しかもなぜか逆さま)とか、カエルとか、鳥とか。。。
蟻や亀なんかもありました。。。
それにしてもユニークなセンスだ!!
a0124959_714310.jpg




園内にはいろ~~~んな植物もありました。
アルプスの植物のほかに、ブドウとか、蓮とか、サボテンとか、
色んなバラとか各種お花も。



a0124959_714275.jpg

私の一番好きな花:芍薬。
時期的に終わりかけでちょっと残念。


「立てば芍薬...」というけれど、
これは頭が重すぎてしな垂れる芍薬。。。
a0124959_7145967.jpg



そしてエーデルワイス!
a0124959_7152185.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-06-12 07:11 | ジュネーブ

La Givrine

日曜日は、他のインターン達と一緒にハイキングに行ってきました!
行き先はNyonの先にあるLa Givrineというところ。Jura山脈(?)の一部だそう。
冬はスキーリゾート、夏は易しめのハイキングコース。

http://map.wanderland.ch/?lang=en&vkpt=1061

駅からLa Doleという、山脈の峰にあるポイントまで2時間弱、せっせと登りました。


   駅の表示
a0124959_334191.jpg



   ハイキング途中の景色はこんなかんじ
a0124959_3354532.jpg


   キャベツみたいな野草がかわいかった
a0124959_3361970.jpg



   一緒に行った人達。ちなみに総勢では19人。
a0124959_3375521.jpg

みんな、WHOかUNのインターンだったんだけど、年齢のmodeはたぶん24~25歳くらい。
若くてびっくり。っていうか、よく考えたらこの環境では私が年長なだけだね。
それぞれの年齢で、国際機関インターンするのにはプロコンあるって思うからそういう意味で特に気にならないけれど、微妙に話やノリが合わないと思うのはだからなのか??それとも文化/国が違うからか、それともただの相性なのか。。。
よくわかんないけど日本の仲良しが恋しい…☆
けど、この微かながら微妙な居心地の悪さが、"out of my comfort-zone"ってことで私の成長&視野広げにつながっていると思えばありがたいかなぁ。



さてさて、これはたぶん、buttercups(キンポウゲ、金鳳花)
a0124959_3391515.jpg



   徐々に高度を増し…
a0124959_44687.jpg



あとちょっとで頂上!
a0124959_453424.jpg



目的地に到着!
   夏だからか、運転していなかったゴンドラ
a0124959_445870.jpg



遠くに見えるはGeneveのLac Le Man!!
a0124959_484499.jpg



晴れていれば、≪レマン湖の西端にあの噴水(Jet d'au)、南にはMont-Blanc≫という絶景が拝めるらしいのですが、あいにくこの日は曇り。(っていうか登頂15分後くらいから超つめたい雨が降ってきた!)
それでも素晴らしい景色で、「頑張って登った甲斐があった!」と思いました。
a0124959_493054.jpg



下りはけっこう雨に降られちゃったんだけど、結果オーライ。


駅の表札&待合室
a0124959_4122839.jpg


この小さな電車(私鉄?)でNyonまで。そこからSBBのもっと立派な電車に乗り換えてジュネーブまで帰りました。
a0124959_4114126.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-06-08 03:39 | ジュネーブ

World Environment Day

今日はWorld Environment Dayだったので国連の前の広場で色んな催しが行われました。
ちなみに今年のテーマはBiodiversity(生物の多様性)。
a0124959_6241330.jpg



UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)のブースではアフリカの女性たちの毎日の調理用薪集めを軽減させるのが趣旨の、
燃料効率の高いコンロの展示があったり、
鍋の周りを分厚いアルミ箔みたいなので囲って太陽熱を利用するっていう実演クッキングもあったり。
a0124959_6244748.jpg



子ども向けのブースではface paintingなんかもやってました。

  絵具で子どもたちのほっぺたに絵を描くIちゃん
a0124959_6251025.jpg


女の子は「papillon」とか「お花」とか「エンジェルフィッシュ」とか「テントウムシ」とかをほっぺたにっていうリクエストが多い中、男の子は顔全体にヒゲを書いたりして動物っぽい顔にしたり(←キャッツみたいなかんじ)♪

  自分でおでこに蜘蛛を描く男の子。真剣!
a0124959_628237.jpg


これはまだ仕上がり途中の写真だけど、最終的には11本足の蜘蛛になってました!
これもBiodiversityか?!
a0124959_6291482.jpg



他にもオーガニック(”bio”)な食べ物の出店があったり、

BiodiversityやClimate Change(この分野最大のイシュー)、代替エネルギーに関するブース等などがたくさん出ていました。


同日に開催されたWIPO(世界知的所有権機関)のOpen dayでは
WIPOビル(←ブースが出ていた広場を挟んでUNの向かい側に位置する)が一般公開されて、
色んなAOCのチーズやワインのテイスティングなどもありました。

WIPOは大雑把にいうと、特許とかブランドとか知的財産にかかわる国際的&中立的な機関で、イノベーションや創造性を促進するのが目的です。
もちろん同時に世界の大きなイシュー(主に、気候変動、保健、食糧安全)に貢献する形で。

AOC関連の展示が多くされてました。
「このリンゴは全部同じに見えるけれど、実は偽物が混じっています」みたいな。
要は、悪意を持って「○○産」や「○○種」を語るのはダメですよ、っていうメッセージね。


  あなたのイメージする世界は?みたいなテーマの寄せ描き
a0124959_630686.jpg



一日のしめくくりは南アフリカの(←ってプログラムには書いてあったけど、限りなくジャマイカっぽかった)バンド&ダンサーのパフォーマンス!!
ジャマイカに行ってみたくなってきた!!
a0124959_6311835.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-06-06 06:31 | ジュネーブ

そろそろパン食が嫌になってきた。。。

今日、3週間以上ぶりに日本語で会話しました!

といっても、ジュネーブの日本食スーパーの店員さんと

店員さん: 「いらっしゃいませ」
私: 「どうも、こんにちは」(おっ!私、やっぱり日本人に見えるんだ!)


店員さん: 「お箸はどうしますか?」
私: 「あ、ください」
「 袋はいいです、持ってきたので」


仕事をさっさと切り上げ、先週から目をつけていた小さなスーパーに6時半の閉店にぎりぎりで駆け込みました。

閉店前だったのでおかず(ジュネーブでもおいしいのが売ってる!!)が半額で、おからのおかずと、カッパ巻き(アボカドも少し入ってた)をゲットしました。 
(TへT)


それと、アメリカ産米「Nishiki」と、ハヤシライスのもとやお茶漬けのモト、ちりめんじゃこふりかけ、みそ汁のモトなど... 

大興奮の10分間でした!!
[PR]

by nina_anin | 2010-06-02 03:40 | ジュネーブ
line

Duke大学のFuqua School of Business留学日記です


by nina_anin
line