<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


speechless...

学校から帰ってきたら、小包が届いていました!!


袋を開けたら...

バースデーカード!!!

と、


リクエストしていた叙々苑ドレッシングなどのほかに…

a0124959_1645139.jpg

お弁当が出てきた!!!


確かに見た目はお弁当...
a0124959_1652339.jpg

箸箱入りのお箸が嬉しい・・・♪♪
ハンカチ、かわいい♪♪



そして、蓋を開けたら...
a0124959_1655190.jpg



しらすに昆布にお菓子に、マイケル!!!
おせんべいはハート形!!

そしてYGのフープピアス♪ ←おそろいだよね?!?!
a0124959_1661998.jpg

What more can a girl ask for?!?!


Sweet & crazy (creative) な親友を持ってとっっても幸せです☆
笑顔が止まりません!


Thank you so much & I LOVE you two~~~~~~~!!!!!!!
[PR]

by nina_anin | 2010-02-07 09:01 | 最近思うこと

Thai Night

金曜日の夕方は必ずイベントがあります。
Fuqua Fridayは毎週のことだけど、今週は同時にSanford School of Public Policyの校舎内を会場にDuke Thai Nightが開催されました。

Dukeにタイから来ている大学生・大学院生が主催している毎年恒例のイベントらしく。
パッタイやカレーなどがふるまわれ、
タイを紹介するパワーポイント発表(←バンコクの正式名称の紹介とか、「この美女たちの内、ひとりだけ生まれつきの女性です。どれでしょう?」クイズとか)
タイダンスのパフォーマンス、
タイのポップスの踊り、
タイ料理の実演パフォーマンスなどなど、
盛りだくさんのイベントでした。


踊ってた人たちはほとんど私のクラスメートでしたが、学業で超忙しい中、この日のために何回も何時間も練習をしたとのこと。。。
すごい!私にはできないわ。。。

他のビジネススクールでは日本人在校生がTokyo Nightなどのイベントを主催してみんなでパラパラを披露したりしていたらしいけれど、私はそういうの苦手&はっきり言って興味小。。。
悪いけれど観るの専門です。。。

a0124959_14532272.jpg




Thai Nightをエンジョイした後は学校に戻ってCorporate Finance の宿題を仕上げました。
期限は真夜中だったけれど、11時に終了されたよ!
多くのクラスメートは10時からダウンタウンで盛り上がっている(←たぶん)Jersey Shore Partyに繰り出して行ったと思いますが、私は地味な金曜夜を過ごしました...



Fuquaのメインの廊下には在校生の帰属するコミュニティーの旗がずらずらっと掲げられています。
(国だけじゃなくて、軍や宗教、LGBTの旗などもある)
a0124959_14534910.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-02-06 14:57 | Fuqua

教室にて

この写真は昨日のOperationsの休み時間に撮影しました。

席は毎回自由なんだけど、今日は最後列に座りました。後ろ(上の段)の方が優位に暖かい(気がする)から!

授業中は毎回、ネームプレートを立てて、教授にいつでもあててもらえるように名前を表示します。

その他、机上のグッズは:
 ほぼいつも持ち歩いているお茶
 最近マイブームのミニみかん(直径4センチくらいのマンダリン)
 眠い時用のガム
 携帯電話(ストラップはヨックモック)

a0124959_2237263.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-02-05 22:36 | Fuqua

wacc is wack

今期、一番力を注いでいる(注がざるを得ない)科目はCorporate Financeです。
毎回のように宿題が課されて、授業のスピードもけっこう速いです。

月曜の夜はある会社の資本コストを、6時間かけて計算しました。
私、時間かかりすぎ!けど、やらないとあっという間に置いていかれちゃうから、なんとかします。
(損益計算書を観たり、回帰分析をしたり、国債の金利を見たり... FALL1(1学期)に企業会計や統計学、ファイナンスが必修科目だったことの意義を実感。)


金曜日に提出するチームアサインメントのため、今夜は10時から1時間半くらいスカイプでミーティングしました。(スカイプ、ほんと便利だね!)

課題は、3種類の異なる事業を柱とした1企業のベータや資本加重平均コスト(WACC)を計算するっていうものです。
「各事業に近似した他上場企業のベータやWACCを調べて、各事業ごとの資産を基に加重平均して、会社全体のBやWACCを算出する」っていうわけだけど、実際に計算するとなるといろんな数字がこんがらがって、定性的な判断も必要になって、なかなかめんどくさい作業です。。。


しかも、この畑に疎い私は、「レバレッジ」とか「資本コスト」とか言われてもいまいちピンとこない。。。


何かを理解する時、或いは何かに納得する過程において、人間は≪目で見る≫≪耳で聞く≫≪感覚でとらえる≫(←ちょっと違ったかな?)の3タイプに分かれるそうです。
だから、人を説得したかったら、≪目≫タイプの人には図やグラフィックで示し、≪耳≫タイプの人にはちゃんと言葉で説明して、≪感覚≫タイプの人には実例を提示する、っていう風にすると効果的なのだとか…
で、私は完全に≪目≫タイプです。(←3タイプの内、一番よくいるタイプ)

何かを理解する際には、イメージで描けないとなかなか飲みこめません。逆に言うと、頭の中でvisualizeできることなら深く理解できます。


で、企業金融に話を戻すと、数字をエクセルシートで計算してるだけで、visualでとってもイメージしにくい (><)
ストーリーが無くて、特に感動もない科目だなぁ~と思う。
けど、必要なのはわかっているから明日からまたがんばりまーす。
[PR]

by nina_anin | 2010-02-04 14:06 | Fuqua

自称

南アメリカのことを「ラテンアメリカ」っていうし、
南アメリカ人(ブラジル、チリなど)は自分のことを"latina"や"latino"と呼びます。

けど、「ラテン」ってもともとは南ヨーロッパ人などのことを指すんだよね?
南アメリカ人が「ラテン」と自称するのって、被征服者が征服者(西、葡)のアイデンティティーを称するってことだよね。。。?
なんで南アメリカ人の多くはためらいなく自分のことを「ラテン」ってidentifyするんだろう?って思ってました。


こんな疑問をシェアしたところ、日本通のアメリカ人T君に鋭く指摘されちゃいました:
「『日本』っていう呼称は中国人の呼び方だし、『Japan』はポルトガル人の呼び方でしょ?」と。

たしかに、西側に位置する中国から見て「日の本」だから「日本」なんだよね。。。
いまどき、誰も日本のことを「倭国」とか呼ばないもんね。。。
考えたことなかった。。。



ちなみに、ペルー人の人類学者Cちゃんいわく、「“ラテン”っていうのは人種じゃなくて言語に依るんだよ」とのこと。けど、メキシコ人は「ラテン」と呼ばないよ?(→ヒスパニック)

大学院でラテンアメリカを勉強した方なんかにコメントを頂けると参考になるかと… 
[PR]

by nina_anin | 2010-02-03 15:47 | 最近思うこと

雪のダーラム

日本では、草津や野沢などにでかけていらっしゃる方もいるそうですが…
ここ、ダーラムでも雪が降りました!

2~3日前、金曜から土曜にかけて一晩でたぶん20cmくらい!
ここ数年、こんな降雪/低気温な冬はなかったらしく、とても珍しい天気です。


パキスタンから来ている私のルームメイトは、実際に雪を体験するのが初めてらしく、
土曜日にはソリ遊びにでかけていました。元気だわ。


ダーラムではめったに雪が降らないので、ちょっと「降るらしいよ!」ってことになると、多くの住民が牛乳やらパンやらを大量に買い込みます。
おかげで今回も近辺のスーパーはみんな食料品が品切れしたらしい。


インフラが降雪用に整っていないから、普段通りの生活に戻るのにはもう少し時間がかかりそうですが、学校生活は普段通りです。

a0124959_022682.jpg


a0124959_024860.jpg



テニスコートはドッグランになっていました。
a0124959_015776.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-02-02 00:03 | USA
line

Duke大学のFuqua School of Business留学日記です


by nina_anin
line