<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


Spring1時間割

今期の時間割です。

今期=Spring1(1月中旬から6週間) の必修科目はOperations。
それ以外は選択科目を自由にとってよし。

就職活動をしている友達とかでは「今期は2本だけ(Ops以外に1科目だけ選択)」っていう人もいるけれど、
私は6本履修することにしました。

厳密に言うと1termの規定単位をオーバーしてます。
なんとかなるでしょう。。。

a0124959_126018.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-01-24 01:32 | Fuqua

明日からSpring 1(3学期目)!!

今日は冬休み最後の1日!

9時頃からWashington Duke C.C.のまわりのトラックを2周して(約9㎞!)、
ダンキンドーナツでベーグルwithクリームチーズ(クーポンで1ドルなり♪)をゲットし、
家のベランダで淹れたてのヘーゼルナッツコーヒーをすすりながら1日がはじまりました。
(といっても、時すでに正午)


その後もメール、予習、読書、授業(←Fuqua外)、予習、ごはん(ゴチ!)、予習、と、
帰宅した時には00:30をまわっていたのでした…

意外にスムーズに普段の学校生活に戻れた感じ。


明日は10:30から1本目の授業(Operations)です!
私は、例えばスケジュールを効率的に設計したり、パズル的なことがとても好きなので、operationsの授業が実はけっこう楽しみです☆
[PR]

by nina_anin | 2010-01-21 15:05 | オフ

Duke発の起業

今回は、DukeでのEntrepreneurshipについて先学期にあったイベントのことを紹介したいと思います。


Dukeでは起業家の育成にも力を入れていて、Global Entrepreneurship Weekだった11月のとある一週間に合わせて、”Elevator Pitch Competition”が行われました。
例えばエレベーターで投資家と偶然乗り合わせた時に、手にしたその短い時間で効果的に自分の(プロジェクトの)説明(売り込み)をすること。そんな状況を模してのコンテストです。

詳細&実際の様子はコチラ


Dukeでは色んなプロジェクトを進めている起業家チームが無数に活動していますが、彼らがそれぞれ2分間、壇上にて時間を与えられ、マイク一本で自分の企画を売り込み、優勝者は賞金1000ドルを手にします。(賞金は千ドルだけど、審査員として参加している資本家やVCを通じて本格的な投資を受けるチャンスがある。)
参加対象者は大学生、大学院生はもちろん、教員やポスドクを含みます。
いろんな企画が登場して、各2分だけだし、話も分かりやすくまとめてあるので、聞いててけっこう面白いイベントでした。



2008年の総合優勝企画は、蜘蛛の糸を使って強力な繊維素材を開発しているチームだったそうです。蜘蛛の糸って、その細さに比してとても丈夫なので、それを束ねれば立派な防弾チョッキとかになるらしい。。。 (よく知らないけど)
で、そのチームは確か、蜘蛛を実際に飼育せずに糸だけを大量生産する技術開発を進めているのだとか。(bio-engineering?)



今年度(2009年)の総合優勝は、ステントに自己細胞を植え込んで施術血管の再狭窄を減らすという技術を開発しているチームでした。

※ステント:狭心症や心筋梗塞の患者の、詰まった心血管を再び開通するために移植する金属の管。心臓などの血管の狭くなっている区間の、血管の壁の内側に設置して、血液の流れを健康な状態に近づけます。血管の壁を金属の管(=ステント)で補強する感じ。


ステントの植え込みは血管狭窄(狭心症や心筋梗塞に伴う病態)によく用いられる治療法だけど、25%ものケースでは術後1年以内に再度血管が詰まっちゃうのだとか。なぜなら、金属でできているステントっていうのは結局、人体にとって異物なのでいわゆる拒絶反応などが起こるから。
(体(←血液中の成分、白血球など)がステントを異物と見なして攻撃し、それが積もって血管を再度詰まらせちゃう。)

で、このベンチャーでは細胞播種(cell-seeding)の技術をステントに応用し、生態適合性のある(つまり、biocompatibleな)ステントを実用化しようとしています。要は、ステントの内側に患者自身の細胞をくっつけて、免疫系から攻撃を受けないようにします。ちなみに、患者の細胞の採取には少量の採決が必要なだけだそう。
(簡単なプロセスで、患者本人にカスタマイズされた医療材料を作れちゃうのってスゴイと思います!)


このプロジェクト、アメリカのNIHからもベンチャーアイディアとしては曰く最高の評価を受けていて、100万ドルの助成を受けているらしく。


Biogenics Medical Devicesというこのベンチャー、リーダーは私のゴルフ友達です♪(えへへ)
彼は、Fuquaに来る前はDuke大学でES細胞の研究をしていたのでもともと科学者なのですが、そのほかのチームメートもDuke Medical SchoolやEngineering Schoolなど幅広いバックグラウンドの持ち主です。

これがまさにDukeのいいところで、巨大な大学だから、一歩大学院の扉を踏み出せばすぐそこにいろんな専門家や資源が豊富にあります。Duke発の発明や特許のパテントを守ったり商業化したりという支援を専門に行っている機関もあります。

高度医療分野でのベンチャーなんて、まさにビジネス・医療・技術・法律などなどの融合が必要なチャレンジだろうからDukeみたいな環境でこそ実現可能性が高まるんだなぁ、是非プロジェクトが成功するといいなぁ、などと思いました。
[PR]

by nina_anin | 2010-01-20 13:47 | Fuqua

リハビリ中

久々のブログ更新です。
最近は毎日地味に過ごしていたのでご無沙汰しました。

すっかり休みを満喫して、気ままに読書したり、友達と会ったり、春休みや夏休みの準備をしたり、復習したり… とマイペースな日々が続いています。
けど、そんな休みもあと2日…


今日は友達の家でブランチしました♪

手作りのSausage pinwheels(パイ生地×ソーセージの具), rosemary roasted potatoes, and pancakes with caramel apple topping♪
ドリンクはmimosa!

a0124959_13664.jpg



これはSausage pinwheels(パイ生地×ソーセージの具) ⇒


a0124959_1362514.jpg

おいしかったです☆☆☆



その後、野暮用をこなしてから学校でお勉強などなど。
夏のインターン用の面接を受けるっていう友達の手伝いをしたり、、、
夕方は空港に友達を迎えに行ったり、、、



Fuquaの授業は明後日木曜日からですが、Dukeの他の学校の授業は既に先週から始まっています。
今期、私はDukeのMasters of Global Health というプログラムで授業を一つ取っているので、実は既に学期が始まっていて、明日、第二回のクラスです。
“Health Systems in Developing Countries”という授業なんだけど、教授は経済学者(M.D.でもある)で、かなり定量的な話もヘビーな授業なかんじ... (T-T)
週に150分(75分×2日)だけだから他のFuquaの授業(120分×2日/週)よりは短い講義時間だけど、校舎が離れているのがちょっとめんどくさい。といっても車で5分ちょっとなんだけどね。。。


明日の授業の事前課題資料は思いっきり学術的な論文で、読んでてちょっと眠たくなります。
“Uncertainty and the Welfare Economics of Medical Care” といって、The American Economic Reviewに掲載されたK.J. Arrowの作品なんだけど、同じ文章を何度か読み返さないと何言ってるのかよくわからない、っていうタイプのやつ。。。
しか~し、45年以上も前に書かれたものとは思えない、今でも変わらないessentialが多く論じられていてびっくり!だって、ほぼ半世紀前だよ!


てなかんじにちょっとずつ学校生活に戻っている今日この頃の様子でした。
[PR]

by nina_anin | 2010-01-20 13:23 | オフ

俳句 in 古宇利島 (沖縄)

沖縄本島の北西にある古宇利島をドライブ中、こんな立て看板を発見しました。
a0124959_2163237.jpg




中学三年生がこう信じて毎日宿題をやっていると思うと...  是非夢を叶えて欲しいね!
私も見習わなくては!
a0124959_2165513.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-01-07 02:21 | お遊び

スーパーで発見した、アメリカにあって日本になさそうなもの

先日、Yちゃんと「アメリカにあるビックリ製品」について話題になったので、レポートします。
まずは
 ~クッキング編~


冷蔵クッキー生地
箱に粉が入った“クッキーキット”や“ブラウニーキット”のようなものは日本でも外国系スーパーなんかで見かけるし、日本のメーカー者でも蒸しパンとかいろんな焼き菓子であるかと思います。
アメリカのスーパーの冷蔵コーナーにはこの〝生地”バージョンがあります。生地を適当に切ったり丸めたりして焼くだけ! 一応、これでも「このクッキー、私が焼いたの♪」って言えるもんね。。。
a0124959_1549376.jpg



パンケーキミックス
一見、洗濯洗剤のようなこの容器、中身は空気と、底5cmくらいまで粉が入っています。
適量の牛乳をこのボトルに注ぎ、シャカシャカ混ぜる → あとは、容器から直接適量ずつを温めたフライパンに注げばパンケーキの出来上がり!!
a0124959_15525369.jpg




卵の代わりに…
卵を割ったり混ぜたりする手間を省けます。卵の用量調節が容易にできます。
なんと、パック入りの卵(の白味)です!! ダイエット中の人のために卵の白身オムレツ等が作り易いようになるし、天然の卵と成分がけっこう違うのでコレステロールを気にしている人も安心して食べられるのだとか。。。
a0124959_15553863.jpg



  ↓こちらは白味のみ↓
a0124959_15564448.jpg




「アメリカにあって日本にはなさそう」というわけではありませんが、、、

セグメンテーションとProduct differentiation
ヘアケア製品のパンテーン、10種類以上あります。。。 
ブロンド、くりくり、黒髪、パサツキ用、エイジケア、カラーリング用、ダメージ用、ボリューム調節、、、 
たかがパンテーン、されどパンテーンです。
ちなみに私は moisture repair を使っています♪ よいです☆
a0124959_169729.jpg



Goldfishという名のスナック菓子にも15種類以上あります!!
よくこんなに考えるなぁ。。。
a0124959_16115261.jpg



 ↓生クリームのみたいなパッケージング。もちろん液体ではないよ!↓
a0124959_1612183.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-01-06 15:56 | USA

ゲストブロガー茉莉のNC滞在感想記。

新年明けましておめでとうございます。

早いもので気が付けば寅年。
今年、12星座中最も恋愛運がいけてる星のもとに生まれたゲストブロガー茉莉の回。本ブログのオーナーは横でせっせと年賀状らしきものを書きしたためとります。

さて正月休みにNCにやってきて、あっという間に実質的な最終日、元日。帰国前にとりあえずの感想及び発見でも綴っておきます。

①遠い。とりあえず長旅。体力無いもんで疲れた。帰りが今から思いやられる。

②NCは田舎。だけど想像していた程の超ど田舎じゃ全くなく、高校時代にいたNYと同じ感じ。違いはマンハッタンが近くに無いことか。(which is quite a big difference)

③寒い。東京よりちょっと寒いくらいって聞いてたのに、東京よりかなり寒い。遊びに来るなら、多分秋が一番良いのでは?することも多いだろうし。

④地元人の英語発音が南部な感じで驚き。所謂南部アメリカの在住経験0なので、何か違和感。

⑤(Fuquaの感想)MBAに来るには、完璧な英語を喋れないといけないかと思いきや、意外とそうでもなく、目的意識・意欲ってとこがcountされるんだなぁということを発見。

⑥マイシスターちゃんは相変わらず元気。姉妹なのに、この体力の差はどこから?(超若干ながら)私のが若いのに。。さてはメンタル的な問題か?

滞在中一番楽しかったtop 3は、バスケの試合(Go Blue Devils !)・自然の中でのウォーキング(やっぱアメリカは自然が豊か♪)・大みそかのFuqua学生との軽いディナー(Stephen面白すぎ)かな。
違うbackgroundから来ている人と、自分の馴染みのない場所で触れ合うのは刺激が多くて楽しいもんです。

ふぅ短かったけど、楽しかった4日間。あ。今後NCに来るご予定のある人には、スニーカー(自然の中での運動)と本(そこまですること多くない)と青いトップス(バスケでDuke応援用)を持ってくることお勧めします。
[PR]

by nina_anin | 2010-01-02 14:33
line

Duke大学のFuqua School of Business留学日記です


by nina_anin
line