<   2009年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


Fall1 を振り返る ~スライド編~

いよいよ明日(というか今日)から新学期。

夜9時までに提出しなければならない事前課題(team assignment)があったので、チームとミーティングするために今日から登校しました。

「休みはどうだった?」など和気あいあいと雑談をしながら(私のチームは本当に仲がよい♪)
1時間半くらいでサラッとStrategyの事前課題をクリア。
今回はGoogleのビジネスモデルに関するハーバードのケース(30ページ分の資料)でした。


今期はqualitativeな授業ばかりのため(私はeconomicsをexemptして前期にFinanceを履修したので、今期はquantitativeな授業はないのです)、読書量&執筆量(write-ups)が半端ないことになりそうです。。。
大変そうだけど、英語での情報処理スキルが向上するかな♪



学校からの帰り際にロッカーから前期(Fall1)の荷物を引き揚げました。
毎授業、3穴の資料を山ほどゲットするわけだけど、これを束ねるバインダーは一冊10ドルくらいするんだ。高いよね。
ってことで、終わった授業の資料は家で保管し、バインダーを現在進行形の授業に充てなきゃなのです。


a0124959_14401581.jpg
前期使用したけれど今期は不要なバインダーは3つ: Financial Accounting, Probability and Statistics,
Global Financial Management.
(写真、上から)

並べた350㍉缶と比較して頂けるとちょっとかんじが伝わるかもしれませんが、
Global Financial Management- man, that was brutal…




振り返ってAccounting、好きになれなかったけれど、「なるほど!」とアハ体験がいくつかありました:

数年前、自社の製品を他社にプロモーション(営業)してもらうという仕事に携わっていました。
「現在、売り上げは自社に立って、先方にはロイヤリティーなどを支払う」けれど、その後条件が揃えば「ブックを先方に移す」という契約だったんだけど、
企業のaccountingを学んで、この契約の意味が理解できました。

例えば同様の金額が入ったとしてもそれがロイヤリティーとして入るか売上として計上されるかでoperating incomeやいわゆるtop lineへのインパクトが全く異なってくるんだってことが理解できて、すごく感動しました。



Statisticsでは「P値」や「信頼区間95%」(←仕事でよく理解せずに日常的に扱っていた指標)の意味が理解できたのが特にaha!でした。



さて、Global Financial Managementのスライドの中身もちょびっとご紹介します。
a0124959_14412675.jpg
Breeden教授は本当にこの科目が大好きで、マニアックな内容も少し教えてくれました。



それから、W.Sharpeの作成したスライドも織り交ぜてくれました。
a0124959_1442874.jpg

まだMS Wordがなかったころ(?)の資料なので、
“スライド”というよりかは“OHP”あるいは“ワープロ”のものでしょうか・・・?

けど、CAPMの研究者との近さを感じてワクワクしました☆
[PR]

by nina_anin | 2009-10-29 14:48 | Fuqua

どーでもいい話

「アメリカには日本みたいなワイドショーってないんだろうな」
「一日中ニュースにdevoteしたチャンネルがいくつもあって日本と違うな(NHKはあるけど、ね)」
って思ってました。
間違いでした。


こっちでもあんまりテレビ見ないからそこまで確信を持っては言えないんだけど、最近、家にいる時間が長くてちょこちょこCNN等を見ています。

パキスタン人のルームメイト曰く、「CNNの報道はあまりに偏っていてナンセンス(i.e.パキスタンで起きていることを正しく報道していない)」とのことですが、
ニュースと言いつつ、日本のワイドショーと共通点多いわ、と思う今日この頃。


先週、話題を席巻したのはmissing balloon boyです。
ある発明家の息子が、親に怒られた後行方不明になって、同時に彼らの手作りヘリウム気球が飛び立ち、数時間後に着陸したときには無人だった:男の子が気球に乗って“家出”して途中で落っこちたのでは?と大騒ぎになったんだけど、結果的には彼は家の倉庫の段ボール箱か何かに隠れていて無事だったって話です。

で、事件中も事件後もメディアで大騒ぎしてて、男の子が無事に発見された直後から実況中継で家族のインタビューが報道されたりしてたんだけど、
色々あった末に(男の子本人が、「なんで隠れてたの?」って聞かれて「テレビ番組のためにやってたんでしょ」みたいな答えをしちゃった)、数日後、これが全部茶番だったということが判明したんです。


私としては「どぉ~でもいぃー」って感じなんだけど、テレビでは大騒ぎでした。
「本当に茶番なのか?」「レスキュー部隊まで出動させて何ドルかかったんだ?!」とか、CNNでは白熱してました。


エッセンスは日本のワイドショーと似てるけれど、私が思うに、
•アメリカの方が番組が視聴者連動型(常にメールや電話やツィッターなどで視聴者が積極的に意見を寄せてくる)・・・授業でも感じることだけどアメリカ人は物申す事が多い&積極的。
•日本のワイドショーは悲劇的な事や事件性の高いことに関して“推理”する傾向が強い
•アメリカでは“推理”よりも「これは許されることなのか」(“正義”)みたいな見方が強い

まぁ、サンプルが少ないし、独断と偏見に満ちた意見な上に本当にどうでもいい話なのですが。。。
[PR]

by nina_anin | 2009-10-28 10:42 | USA

Museum of Fine Arts

月曜日はBoston最終日。

終日Boston Museum of Fine Arts で美術三昧。

Modern Art大好きだけど、なんだかこの日は日本美術に惹かれました。


a0124959_1331299.jpg

名にしおはば いざ言問はむ 都鳥 わが思う人は ありやなしやと
[PR]

by nina_anin | 2009-10-27 13:42 | USA

TGI Fall break in Boston! part2

日曜日はボストン沖でwhale watching!!
a0124959_1311288.jpg

a0124959_1374111.jpg
a0124959_138866.jpg

a0124959_1383139.jpg


ボストンの沖ではザトウクジラなどが保護されています。
それぞれの個体は尻尾の模様が異なるから、一体一体をそうやって識別しているらしい。
で、メスかオスかは観察しているだけではわかりにくいから、命名する時はユニセックスな名前にするんだってさ。(過去、間違えてTiaraと名付けてしまったオスがいる)
ZeppelinとかColt, Trident, Coral, Edenなど。
a0124959_1385320.jpg



夜はMITのSちゃん(翌朝8時から中間テストなのに… ありがとう!)と落ち合ってバーへ。4か月前の六本木以来だ!
連れて行ってもらった場所、「どこかで見たことある・・・」って思ったら、以前、世界マル見え!テレビ特捜部で特集されていたホテルでした。
昔、監獄だった建物を改装したホテル。(さすが遊びなれたSちゃん、お店のチョイスがいけてます。)
ホテルの構造とか、レンガの内壁とか、jail barっぽい格子とか、ユニークで楽しいお店でした。


Jail bait(要はザクロモヒート)、ミントが邪魔でした。ショートなのに入れすぎでしょ。
a0124959_1392112.jpg



ここは大好きなbHもあって、ちょっと南青山を思い出したよ!
都会の夜を満喫(T-T)
[PR]

by nina_anin | 2009-10-27 12:19 | USA

TGI Fall break in Boston! part1

土曜日の夜はHarvard とHultの友達とごはん。
超忙しい&体調も万全じゃないのにお付き合いいただき感謝感謝☆


Legal Seafoodという有名なお店でゴージャスな夜を過ごしました。
a0124959_131468.jpg

a0124959_1322870.jpg

a0124959_132922.jpg

a0124959_1324862.jpg


飲み物も食べ物も雰囲気もとても素敵で、最高に贅沢な気分を味わいました。

西麻布を思い出したけど、こういう機会がDurham在住&貧乏な今はとてもとても貴重だからその分感動&エンジョイしました。



Farmer’s Markerita(リンゴ系マルガリータ)←ボストンで頂いたカクテル#1!
a0124959_1331569.jpg



Harvard Business Schoolのキャンパス
a0124959_1345619.jpg
a0124959_1351671.jpg

a0124959_1353492.jpg

a0124959_1355531.jpg



HBSの寮(2ベッドルームで家賃23万円くらいだってさ。びっくり!!ダーラムの2倍以上だよ!)
a0124959_1361763.jpg

[PR]

by nina_anin | 2009-10-27 12:13 | USA

2日目はコンサル

金曜日はボストンにあるコンサルティングファーム(どれも医療/医薬品業界に特化した部隊がある)3社を訪問しました。


大きいfirmは保険やoperation, sales, R&Dなどに関する(いわゆる“下流”の)プロジェクトが多くて、仕事のほとんどがon-site(週4日はクライアントのところに出張)、一つのプロジェクトがわりと長期間(長くて数年)です。


対して小規模ないわゆるboutique consulting firmsはメーカーのM&Aやグローバルでの開発(どんな薬をどんなふうに開発したら世界のどの市場でどれくらいのニーズをカバーできるかetc.)といった“上流”のプロジェクトが多くて、一件が2~10週間、出張はほとんどゼロ。


コンサルは事業会社と違って、分析や提案のサービスを提供するわけで、実際のdecision makingやexecutionを行ったりその成果を味わったりすることはできないわけだけど、それにしてもlarge scaleで色んなプロジェクトに携われるexcitementを垣間見ました。


これまでの私の仕事(big pharma)を踏まえ、前日に見学した他社(acquireされた側)、この日見学したコンサル(advisor)と、、、多角的に業界のプレイヤーについて勉強できてとても刺激的な数日です。

a0124959_12584465.jpg
夕暮れのボストン


夜は地元のイタリアンでquasiデート;)(イタリア移民系のお店で超美味♪)


そのあとはFenway(←Redsocksの本拠地!)の近くのBoston Beer Worksで地ビールをサンプリング♪
Blueberry beer とかespresso beerとか、変わりダネを楽しみました。



婦人会へupdate
a0124959_12104837.jpg

[PR]

by nina_anin | 2009-10-26 19:45 | USA

秋 in Durham (写真日記風)

PCが戻ってきたので(アメリカでもサービスがちゃんとしているToshibaにしてよかった!)撮りためていた写真をアップさせていただきます:


ベランダの前のドングリ。すっかり大人になりました。(以前
a0124959_4585868.jpg




来週はHalloween!
a0124959_522240.jpg
a0124959_523611.jpg




先週学校で、Almost there!(意訳:もうすぐ期末も終了!)ということでカップケーキが無料でふるまわれました♪
a0124959_535375.jpg




そろそろやばいかな、ということでオイル交換&タイヤローテーションをしてきました。
走りの軽さが全然違う!とちょっと感動。
a0124959_55846.jpg

[PR]

by nina_anin | 2009-10-25 05:09 | USA

Fall term 1 を振り返る

先週、Fall Term1が終了しました!

以前にも書きましたが、ここFuqua では6週間で1学期です。
授業は1コマ2時間、週2回で12コマ。24時間で1科目を学びます。
他の学校に比べると短いかも。

だから授業外で勉強する時間がとても多いんだけど、聞いたところによると日本でも(文部科学省的には)学校外で6割くらいを学ぶように教科書とかが設計されているとかいないとか。。。


6週間のとてもintenseでhigh speedな授業だから、
6週間が終わったころには、興味の薄い科目は「ささーっとカバーできたから、もうおさらば!」(“キャッチ&リリース”)、
他の科目は「この科目おもしろいかも!もうちょっと勉強したいな!」(“腹七分”)っていうメンタリティーになっています。(私の場合)
今期、前者の代表はFinancial Accounting。勉強してもいっこうにおもしろさを感じない… 
企業のFinancial statementを読めるようになるのは必須だと思うけれど、細かい数字を探すのはトリッキーな上につまらないよ~。とりあえずテストだけ乗り切ったってかんじ。
でもエッセンスは理解したから、(テクニカルな詳細はすぐ忘れちゃうだろうけれど)個人的には満足。


反対に、「もう授業おしまいなのか。。。ここからもっと面白くなりそうなのに…」っていうのが(驚くことに、 )Global Financial Managementでした。
テスト前に、内容のわかってる友達やteaching assistant(2年生)に一対一で特訓をしてもらってようやく濃霧が晴れてきた感じです。
先物でのヘッジとか、パズルみたいでおもしろいかも。。。
それと、教えてくれた教授がとても情熱的で、「financeってそんなに夢中になれるくらい面白いのか…」って思った。
せっかく6週間で色々学んだのに、今勉強を止めたら暫くして記憶が薄~くなっちゃうかも。。。って悲しい&不安&もったいない気持ちになります。
もうちょっとゆっくり時間をかけて復習を繰り返したりして消化しながら学ばないと本当に身に付かない気がする、という感覚。 
というわけで昨夜からA Random Walk Down Wall Streetを読み始めました(実は2度目)。ボストン滞在中に読破して、授業で学んだ内容を復習する予定!



a0124959_443337.jpg
Global Financial Managementを教えてくれたProf. BreedenはFuquaの元deanです。

超お金持ち(昨年、銀行株で大金をすったものの)で学校へも大金を寄付していて、Fuquaの校舎の半分はBreeden Hallです。
[PR]

by nina_anin | 2009-10-25 04:46 | Fuqua

久しぶりの更新 from Boston

水曜日の17時に期末テストが全科目終了しました!
翌木曜日の朝は4時に起床し、7時の飛行機でボストン入り!

以前にもちょっと書きましたが、Week in Citiesというシリーズのボストン企画です。(学校が休みの間に、学生がそれぞれグループでいくつかのcityに数泊して現地の企業を訪問したり、卒業生と会ったりする企画。夏季インターンを含む就職活動のための情報収集&ネットワークづくりが趣旨)

今回はHealth Care Club主催のWiCで、けっこう小さい8人グループです。(人気のあるWiCはNew York, San Francisco, Atlantaなど。)

ボストンは先週の日曜日にけっこうたくさん雪が降ったということだけど、この日の天気は最高でした!!
晴れていて、短時間ならコート不要の気温で、New Englandの紅葉がきれいだった!(日本の紅葉とは全然違うけれど)


午前と午後で2社を訪問しました。
1社目は癌にフォーカスした日系バイオ医薬品の会社、2社目は世界最大の医療機器メーカー。
会社の事業や組織、企業文化などについてプレゼンテーションを受けたり、社員の方たちに質問を色々したり。
ゲノム解析から特定のがん細胞内でアポトーシスを引き起こす物質を開発した、とか、本人の軟骨を再生させる技術とか、超 coolな話を色々見聞きできてかなり充実した一日でした。

あと、ヘルスケア関連の会社(特に小さい会社なほど)でよく感じることだけど社員が本当にエンドユーザーのことをイメージできている、というか、自分の仕事はどんな人たちにどんなインパクトがあるのかを真剣に考えていて、情熱を持って仕事をしているのが伝わってきて素敵だなと思いました。


ちなみに、夜はボストン在住のFuqua卒業生とネットワーキングパーティー。



≪エントランスのディスプレーで歓迎されちゃいました≫
a0124959_3174851.jpg
ここは7ヘクタールにわたる広大なキャンパス。
手術用の機器の練習をするlabなども見学させてもらいました。



≪夜のボストン港≫
a0124959_3182322.jpg
以前ボストンで勉強・就職していたクラスメートが、夜景のきれいなスポットに連れて行ってくれました。
よくこのあたりに釣りをしに来たのだとか。



≪52階にあるバーにて♪≫
a0124959_3185826.jpg
カクテルは東京のようにはいきませんが… softなジャズ生演奏と綺麗な夜景は超久しぶりで最高だった♪
[PR]

by nina_anin | 2009-10-25 03:30 | USA

木金日月火水金日

この11日間でFinanceの授業を8コマ(16時間)受けています。

もともと、考えると鳥肌が立つくらい嫌いな科目なんだけど、、、
週2コマ(4時間)の授業に加えて、補習に参加しなくてはいけない状況になりました。


だってさ、
たった11コマの授業でBond marketsやvaluationからLeverage and Cost of Capitalまでカバーするのはちょっと無謀でしょ。
教授自身も言っていたとおり「(making students) drink from a fire hose」(消火用のホースから水を飲ませる)ような授業です。
最後の1週間(4時間)でFuturesとForwardsとOptionsとM&Mを駆け足で教えられても、私なんかはパニックするばかりです。。。(涙)

しかも、クラスの半分くらいはファイナンスのバックグラウンドからきているので、同じ土俵に立たされてもみじめな気分になるばかりだよ。。。
まぁ、その分、クラスメートにいろいろ教えてもらえるので助かる部分も大きいのだけれど。


今週課されている宿題はPart1(Margin calculations and cash flows of 4 Futures)とPart2(Hedging stock mkt risk with S&P futures, Maturity structure of future prices, options)があって、
昨夜Part1の前半を仕上げたんだけど、それだけで1000行くらいのエクセルファイルになっちゃったよ。

まぁ、文句を言うつもりはないし、めげてもしょうがないので今日も地道に進めます。



今はPCがまだ修理中なので写真をアップできなくて残念だけど、
Financeの教材はまじで笑っちゃうくらい(&吐き気がするくらい-おっ、と失礼!)どっさりです。
教材をとじているバインダーが文字通りパンクしている様子、そのうち写真掲載したいと思います。
[PR]

by nina_anin | 2009-10-14 13:52 | Fuqua
line

Duke大学のFuqua School of Business留学日記です


by nina_anin
line