カテゴリ:未分類( 6 )


ベルン

先週末、土曜日の夕方までベルンで過ごしました!


全然期待をしていなかったから尚更感動したんだけど、ベルンは素晴らしかった!

中世の町並みそのままに、石畳、石造りのアパート、昔話に由来した様々な噴水、土曜市、街と自然の融合した絶景、、、


多数派の日本人はドイツ語よりもフランス語の方が耳障りが良いと感じると思いますが、私はドイツ語の方が好き!
鼻にかかる感じがないし、落ち着いたトーンで、抑揚も好きです。


と、いうわけで充実したベルンの一日でした。



Bearpit- ベルンのシンボルはクマ!川の隣の傾斜にクマさん家族が4頭住んでます。
a0124959_541950.jpg


クマ親子と見物客
a0124959_6114496.jpg



アインシュタインが一時期住んでいた家。
a0124959_5421269.jpg


この時計を見て時間の相対性について考えたりしたのかな…
a0124959_543743.jpg



ベルンの川と橋
a0124959_5434230.jpg


ベルンの川と自然と町並み
a0124959_544244.jpg


教会裏の絶景
a0124959_5443317.jpg


土曜市のチーズ屋さん
a0124959_545428.jpg


花屋さん。芍薬が季節でした♪
a0124959_6125074.jpg


子どもを食べる噴水… ベルンには100以上の噴水があって、それぞれ昔話をモチーフにした異なる像があるんです。
a0124959_5454421.jpg


ベルン一有名な教会の入り口。
a0124959_694025.jpg


左側はベルン市長が天国に行く様子。
右側は隣町(?)の市長が地獄に行く様子…
a0124959_695944.jpg


時計台
a0124959_6102184.jpg


本物のBernese
a0124959_6104367.jpg


橋下からの景色
a0124959_6111271.jpg


面白い旗。 大通りには、スイスの色んなCantonを表す旗がたくさん掲げられています。
a0124959_6133345.jpg


靴屋さん!
a0124959_6145279.jpg


ベルンからルーセルンに向かう鉄道から見える景色…
a0124959_6153334.jpg

[PR]

by nina_anin | 2010-05-26 05:47

Orchestre Symphonique de la WDR de Cologne

築約120年のVictoria Hallに行ってきました!!

ケルンWDR交響楽団のコンサート♪

Semyon Bychkov 指揮、


曲目は、
Richard Strauss
Till Eulenspiegel, poème symphonique op. 28

Ludwig van Beethoven
Concerto pour piano et orchestre n° 2 en si bémol majeur op. 19
(Oliver Schnyder, ピアノ)

Richard Strauss
Une vie de héros, poème symphonique op. 40


a0124959_7132786.jpg


一番いい席は92フラン(←それでも日本の感覚では高くない)だけど、学生チケットは15CHF!
当日の昼間に思い立ってチケットぴあ的なお店に行ったら超簡単にゲットできました。

3階の脇だったけど、1300円って激安だよ。感動~。
迫力&感動の2時間+でしたが、始まって5分で既に「元はとった!」と思いました。


ホール自体が小さくて(収容人数1500人くらい)、生演奏を耳と体で感じました♪
ママンとパパとプティトゥ スールも一緒だったらよかったのになぁ。


しかし、徒歩圏内&affordableにこんな機会があるとは☆
東京にもダーラムにもないね、こんなの。


もうちょっとジュネーブでの夏休みを満喫するなり。

a0124959_7183965.jpg

(写真はグーグルしました。ジュネーブ、実際は今夜も雨(涙))
[PR]

by nina_anin | 2010-05-13 07:20

ゲストブロガー茉莉のNC滞在感想記。

新年明けましておめでとうございます。

早いもので気が付けば寅年。
今年、12星座中最も恋愛運がいけてる星のもとに生まれたゲストブロガー茉莉の回。本ブログのオーナーは横でせっせと年賀状らしきものを書きしたためとります。

さて正月休みにNCにやってきて、あっという間に実質的な最終日、元日。帰国前にとりあえずの感想及び発見でも綴っておきます。

①遠い。とりあえず長旅。体力無いもんで疲れた。帰りが今から思いやられる。

②NCは田舎。だけど想像していた程の超ど田舎じゃ全くなく、高校時代にいたNYと同じ感じ。違いはマンハッタンが近くに無いことか。(which is quite a big difference)

③寒い。東京よりちょっと寒いくらいって聞いてたのに、東京よりかなり寒い。遊びに来るなら、多分秋が一番良いのでは?することも多いだろうし。

④地元人の英語発音が南部な感じで驚き。所謂南部アメリカの在住経験0なので、何か違和感。

⑤(Fuquaの感想)MBAに来るには、完璧な英語を喋れないといけないかと思いきや、意外とそうでもなく、目的意識・意欲ってとこがcountされるんだなぁということを発見。

⑥マイシスターちゃんは相変わらず元気。姉妹なのに、この体力の差はどこから?(超若干ながら)私のが若いのに。。さてはメンタル的な問題か?

滞在中一番楽しかったtop 3は、バスケの試合(Go Blue Devils !)・自然の中でのウォーキング(やっぱアメリカは自然が豊か♪)・大みそかのFuqua学生との軽いディナー(Stephen面白すぎ)かな。
違うbackgroundから来ている人と、自分の馴染みのない場所で触れ合うのは刺激が多くて楽しいもんです。

ふぅ短かったけど、楽しかった4日間。あ。今後NCに来るご予定のある人には、スニーカー(自然の中での運動)と本(そこまですること多くない)と青いトップス(バスケでDuke応援用)を持ってくることお勧めします。
[PR]

by nina_anin | 2010-01-02 14:33

7/14 とうとう到着

成田空港で涙涙の(←私だけ?)お別れから16時間、米国North Carolina州Raleigh Durham 空港(RDU)に到着しました。

飛行中は一通りしんみりし、「いや、前を向いて頑張ろう!」と思い直し、用意していた睡眠薬を飲んでぐっすり眠りました。
ヘンなホウレンソウ乗せパスタの朝食をつまんだけれど、やっぱり機内食はおいしくないね。
特に、今回旅立つ直前は毎日毎日おいしいものばかり食べさせてもらっていたから、舌がますます肥えてしまっているみたい。先が思いやられます。


RDU空港に到着したときは預けた2つの荷物のうち、スーツケースが出てこなかったんだけど、不思議とイライラとかパニックとかしませんでした。
「まぁ、こんなもんだよね」という、妙な落ち着き。(ゴルフバッグはちゃんと出てきた☆)
それよりも、巨大なゴルフバッグとスーツケースと手荷物2個を抱えてタクシー乗り場まで行くのは(大した距離ではないとはいえ)大変だし、RDU空港で荷物カート借りるのに3ドルもかかるし、そう考えると今日は荷物1個でラッキーかも♪ 
スーツケースは明日、ホテルまで宅配してくれるらしい(^^)v

「荷物が一つ出てこないんだけど…」ってユナイテッドのbaggage担当者に言いにいったら、先方は落ち着き払って(←「事件性ゼロ」「日常茶飯」って雰囲気)手続きをしてくれました。「明日、ホテルに届くから。(ニコッ♪)」みたいなかんじで親切に対応してくれて、私は「なんで荷物が出てこないのよ!」とキレるどころか、何故か気持ちよく「サンキュー」と自然にありがたがってしまった。。。  日本人in アメリカ、をかんじました。
[PR]

by nina_anin | 2009-07-16 18:42

新薬(ピカ新)とジェネリックの共通点

今日は製薬業界について。勝手に大雑把な業界分析です。


IMSジャパン(←製薬業界のデータバンクみたいなスゴイ会社)によると08年の国内製薬市場は2.9%成長でした。

で、市場の牽引薬は新しい抗がん剤(←生活習慣病と異なり、治療薬が飽和していない領域です)だったそうで、大きな伸びを見せた抗がん剤メーカーはほぼみんな外資系だったようです。
そして、売上高成長率Meanの2.9%を超えたメーカーは9社のみで、そのうち7社が外資系だったそうな。。

こんな市場環境の中、もう1グループ、勢いのよさそうなのがジェネリックメーカーです。
今年発表された中小期計画によると、大手ジェネリックメーカーの沢井製薬の向こう4年間の売上高CAGRは18.7%(Wow!)、東和薬品は3年間で8%強、日本調剤は同8%弱、みんな内資系だけどどこも高いですね。


Q. 先発メーカーでは明らかに外資系が内資系よりも調子がいい様子ですが、なんでなんでしょう?

私が思うに、(obviousだけど)やっぱり新薬のパイプラインですな。
いわゆるピカ新(新しい作用機序の薬)じゃないと市場で勝てないよね。
で、新薬開発って莫大なお金がかかるわけで、ここで規模の経済が働く会社の方が有利にきまってます。
日本国内の外資系は、日本市場だけ(日本法人)でみると規模が小さいですが、彼らがパイプラインを共有する親会社は内資系製薬メーカーの雄、タケダをはるかにしのぐ規模なわけで。
リソースが多いほどスクリーニング品目も多いし、自社開発できなくてもお金があるから小さいベンチャーをまるっと買収できるんですよね。

そして先発品というのは特許期間という寿命があるため、先発品メーカーは継続的に新薬をlaunchしていかないと高成長率を維持できません。そしてその“新薬“は、既に飽和している治療領域の○番煎じでは勝てない(高成長率を維持できない)ので、“ピカ新”である必要があります。
これまで市場にない製品、患者さんや医療関係者が大喜びする製品でないと、寡頭競争で体力を消耗するのがオチです。お金かかるね。。。


 ピカ新: まったく新しい薬。類薬が存在しない と
 ジェネリック: 特許切れした薬のコピー
一見、正反対なんだけど、二つの大きな共通点は〝アンメットメディカルニーズ”を満たすということ。


アンメットニーズはクリティカルな商機であるというのはどのマーケティング研修でも習いますね。

医療関連業界ではこれをアンメットメディカルニーズと呼ぶことが多いですが、
これをコスト面とベネフィット面にブレークダウンすると、
  ①コスト:(性能は維持しながら)より安価な製品
  ②ベネフィット:既存の薬で達成できていない治療効果や安全性を可能にする製品(がん領域、リウマチや加齢黄斑変性など、これまで対処療法しかなかった疾患の治療薬etc.)


というわけで、
  ①を満たせるのがジェネリック医薬品メーカー、
  ②を満たせるのが外資系メーカー(パイプラインの豊富な大規模メーカー)、   
ということですかね?
[PR]

by nina_anin | 2009-06-22 23:43

7分36秒90

今日は第26回横浜港カッターレースに参戦!
「たねまる」号は全員カッター初心者だったのに、出場させていただきました。
船主に舵+もう一人を乗せて、両側3人で6本のオールを漕ぎ、合計8人で往復360mなり。

結果は・・・ 
海上で右往左往、一時停止etc.
他の艇の倍くらいの時間がかかり、最後はギャラリーや他の参加者の大きな声援(嬉しかった&力が湧いた!)に後押しされ、なんとか完走!!


計算すると、私たちの成績は秒速約0.8メートル。
これって、、、歩くより遅いじゃん!!

a0124959_22392858.jpg
a0124959_2239211.jpg



天気は曇りでしたが、、決勝はこんなかんじの白熱したレースでした↓
a0124959_22595771.jpg

[PR]

by nina_anin | 2009-06-14 23:02
line

Duke大学のFuqua School of Business留学日記です


by nina_anin
line